美容効果まとめ

高保湿成分セラミドの種類、効果、選び方とは?美容効果まとめ!

2017/04/06

seramido (2)

肌は大まかにいうと3層でできており、その中の一番上の層を「表皮」と言います。

表皮は、水分の蒸発を防ぎ、うるおいを保つ事で、外的刺激から肌を保護しています。
その表皮の中でも一番上の層である、角質層に、セラミドは存在しています。

セラミドは角層の水分を保っている細胞間脂質の一つです。

細胞間脂質は、肌の保湿の80%を担っており、
細胞間脂質の40%はセラミドで、できています。

セラミドは水分を挟み込む性質をもち、
水分を一度捕まえると湿度が0%になっても蒸発させません。
そのため、セラミドをたっぷり含んだ肌=うるおい肌となりますが、
セラミドは加齢と共に減少してしまうため、外部から補う必要があります。

肌の構造については、こちらを。

綺麗な肌にするには?意外と知らない肌の基礎知識まとめ!

肌の持つ天然の保湿成分についてはこちらを参考にして下さい。

つらい乾燥肌の原因とは?乾燥肌に必要な保湿とは?まとめ記事

肌本来の保湿成分の中でも、群を抜いた比率を誇るセラミドについて詳しく解説していきます!

セラミドに期待される効果

seramido

肌の保湿の80%を担う細胞間脂質(内40%はセラミドで構成)は、
水分を挟み込む形で保持し、肌内部の水分を外部へ出さないようにしています。

元々肌の角層に含まれる成分なので、敏感肌にも安心な保湿成分と言われており、
種類によってバラつきはありますが、
セラミドは皮膚に塗ってから2~24時間保湿力が維持されるという高保湿成分です。

また、細胞間脂質は肌の水分を保ちながら、細胞間を隙間なく埋める事で、
異物が肌内部へ侵入するのを阻止し、外部からの刺激を防いでくれています。

そのため、セラミドが不足すると、肌のバリア機能が低下し、乾燥肌、敏感肌、肌荒れ、かゆみなどの症状がおきやすくなります。

セラミド自体が、元々肌表面の角質層にある成分のため、体内摂取による効果を望むより、
外側からセラミドを与える方が効果があると言われています。

セラミドをきちんと外部から補ってあげる事で、

肌のうるおいを保ち、弾力のある肌を維持する
肌のかゆみを起きづらくさせる
毛穴を目立たなくさせる
肌荒れによる赤みを減少させる

などの効果が期待できると言えるでしょう。

セラミドの種類

seramido (4)

セラミドは大まかに分けて4つの種類があります。

天然セラミド
植物性セラミド
ヒト型セラミド(天然型セラミド)
合成セラミド(疑似セラミド)

の4つに分かれます。
その中でも、一番人のセラミドに近いのは天然セラミドです。

一つずつ見ていきましょう。

天然セラミド

動物から抽出。
ビオセラミド、セレブロシドとも呼ばれ、動物の脳や脊髄などから抽出されます。

人間の角質層の細胞間脂質に最も近く、効果を実感しやすいのが特徴です。

ただし、効果を実感できるレベルで天然セラミドが配合がされている商品は、
その分値段が高いです。
天然セラミドでも安いものが売られていますが、配合量が少ないので、効果を実感できないものがほとんどです。

天然セラミドを選ぶ場合、多少高めのものを選ぶ必要があります。

植物性セラミド

植物から抽出。
米や、麦、こんにゃく、大豆、ほうれん草など種類があり、
こんにゃくセラミドは、肌への吸収力が特に高い事でも知られています。

天然セラミドに比べて安価で、使いやすいですが、
アレルギーのある人は注意が必要です。

ヒト型セラミド(天然型セラミド)

酵母などを組み合わせたもの。「バイオセラミド」

人間の肌に含まれるセラミドとほぼ同じ化学構造で作られているため、
保湿力や浸透力に優れており、肌に優しいのが特徴です。

成分表には、

セラミド1
セラミド2
セラミド3
etc...

というように表記されています。

特に肌に多く含まれているセラミドに近い構造のものは「セラミド2」で肌の水分保持に重要な成分です。

またセラミド1、3、6は乾燥肌や敏感肌に特に関係していると言われており、
乾燥による肌荒れを感じている人は、積極的に補いたい成分です。

天然セラミドの次に、人のセラミドに近く、天然セラミドに比べると安価で使いやすいです。

合成セラミド(疑似セラミド)

分子構造が似ている疑似型

天然セラミドやヒト型セラミドなどに比べると保湿力や浸透力は劣ります。
ただ、他のセラミドに比べてとても安く、大量生産が可能なため、安価で手に入れやすい。

セラミド配合化粧品の選び方

Processed with VSCO with kk1 preset

Processed with VSCO with kk1 preset

セラミド効果を期待する場合、
それなりの値段(目安3000円以上)の商品を選ぶ事も大事になってきます。
品質の良いセラミドというのは、高価な商品です。
そのため、効果を実感できる量のセラミドが配合されている商品はそれなりの値段がします。

特に天然セラミドを謳っているにも関わらず、
値段が1000円前後(商品の大きさにもよりますが)の場合、配合量が少ないと考えて良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか??

肌に優しい成分で、保湿力抜群のセラミド。

今は、薬局などでも配合商品が売られていますので、
乾燥肌や敏感肌でお悩みの方は、是非取り入れてみて下さいね♪



-美容効果まとめ